admin のすべての投稿

キーエンスの沿革について

キーエンスは兵庫県尼崎市に1974年に設立されました。当時はリード電機株式会社という名称でした。そのあとに1981年になると大阪府の吹田市に移転しました。そして、1984年には大阪府の高槻市に本社が移転されました。そして、キーエンスにとって重要なこととして、1985年にはアメリカの現地法人が設立されました。こちらは現在、キーエンスエンジニアリング株式会社となっています。アメリカに現地法人が設立されたことによって、世界へどんどん進出していくようになりました。現地に拠点があることによって、現地のメーカーときめ細かな対応ができるようになり評価されたのです。

現在の社名であるキーエンスに変更されたのは1986年のことです。そして1990年には東京・大阪証券取引所市場第一部上場されました。この年には大阪府の高槻市に生産管理センターが設立されました。さらにドイツの現地法人も誕生しました。1992年には滋賀県の大津市に研修センターが設置されました。1994年になると大阪市に本社と研究所が竣工されました。

2001年には東京都港区に研究所が開設されました。さらに中国の現地法人が設立されました。これから中国がどんどん成長していくことを見越して現地法人が誕生したのです。その予測が見事に当たり、今では中国は世界の工場としてたくさんのメーカーが存在するようになりました。そんな中国のメーカーを支えているのがキーエンスです。

キーエンスは21世紀になってもどんどん積極的に世界に拠点を設置するようになりました。2011年にはインドとブラジルに拠点が設置されて、2013年にはインドネシア、2014年にはベトナム、2016年にはフィリピンに拠点を設置しています。これからもキーエンスはどんどん世界中に拠点を広げていくでしょう。

キーエンスは海外で活動している

キーエンスは積極的に海外に拠点を増やしています。モノづくりの市場においてとてもニーズのある製品をどんどん展開してきたのがこちらの企業の特徴です。キーエンスの素晴らしい製品は海外でも高く評価されています。メーカーで必要とされる製品というのはどんな国でも共通しているものです。そんな普遍的な価値のある製品を展開してきたからこそ、キーエンスの製品は海外の市場でも通用しています。海外にはこれからどんどん発展していくと期待されている地域がたくさんあります。そのような地域において、こちらの製品はとても注目されています。

キーエンスの気になる株価はこちら!

たとえば海外では北米・南米に拠点を設置しています。こちらでは30ヶ所以上もの拠点を有しています。現地に物流センターを設置しており、そこから当日出荷することができるのです。シカゴにはアメリカにおけるキーエンスの本社があり、そちらを中心として北米や南米において主要拠点のネットワークを確立することに成功しています。これによって現地の製造業の顧客をしっかりとサポートすることに成功しています。カナダやブラジル、メキシコにも拠点があります。自動車産業を中心として製造業の顧客がたくさんいるのです。

ヨーロッパやアフリカにおいてもキーエンスの拠点はあります。現在、EUの市場はどんどん拡大しており、こちらには日本企業の進出も増えています。それぞれの国においてキーエンスが展開しており、現地の製造業をサポートしています。現地に拠点があるために顧客と密接に関わることに成功しているのです。国ごとに言語や法規制などが異なっているため、それぞれの国に実際にキーエンスが拠点を設置することによって、きめ細かいサービスを可能にしています。

キーエンスは海外拠点が多数

キーエンスは海外に拠点をたくさん持っています。たとえばヨーロッパ・アフリカです。こちらは特にEU市場がどんどん拡大していることに注目して、現地のそれぞれの国に拠点を設置しているのです。現地の人達と密にコミュニケーションをとることが可能であり、これによって現地の習慣や法規制などにも対応することが可能です。東欧諸国へも拠点を設置しています。それぞれの国においてきめ細かなサービスを展開することに成功しています。

中国においても拠点はたくさん設置されています。世界の工場と評されることの多い中国には、たくさんの製造業があります。現地の製造業はどんどんファクトリー・オートメーション化が進んでいます。そのため、キーエンスの製品はとても需要があるのです。こちらにおいてキーエンスは現地の製造業をバックアップしています。さらなる発展を遂げることを助けているのです。たとえばキーエンスの製品を活用することによって、ラインの自動化を実現することができます。他にもさまざまなニーズに応えるために製品展開をしています。

ほかにも、アジア・中東・オセアニアといった地域においてもキーエンスの製品は注目されています。現地の製造業はどんどんハイテク化や高付加価値化が進んでいます。技術革新を進めているそれぞれの地域の製造業を助けるために活躍しているのです。先進的なモノづくりをしっかりとバックアップするためにキーエンスは製品を用意しています。

このようにしてキーエンスの製品はそれぞれの国や地域に受け入れられています。これからも新しい拠点を海外にどんどん増やしていくでしょう。より多くの国の製造業を顧客として確保しようと努力しています。

キーエンスは海外での活動を本格化

キーエンスは海外でも活躍していて高く評価されている企業です。これまでにキーエンスはファクトリー・オートメーションの分野において大きな成果を上げることに成功してきました。多くの製造業がキーエンスの製品を利用して満足しているのです。製造業で今どのような製品が必要とされているのかをきちんと理解しています。需要にきちんと応えることができるだけの製品ラインナップを揃えています。そのため世界の市場に出ても問題なく安定した売上を記録することができるのです。

たとえば海外のなかでもアジアにおいてどんどん拠点を増やしています。中国や韓国をはじめとして、タイやベトナム、フィリピンといった地域にも拠点を設置しています。アジアではどんどん製造業が伸びているのです。そのためメーカーはキーエンスの製品を使いたいと考えています。とても需要が高い状態となっているため、モノづくりをバックアップするためにどんどんアジアの拠点を重視しています。現地ではどんどん技術革新が進められています。新しい技術が誕生して、現地の産業を盛り上げているのです。それに対してキーエンスはできる限りの貢献をしています。

また、アジアだけではなくて、ヨーロッパやアメリカ、アフリカといった地域においてもこちらの製品は高い需要があります。これらの地域にも当然製造業はたくさん存在しているのです。現地に拠点を設置することによって、きめ細かい対応を取ることに成功しています。今後もどんどん発展していくでしょう。キーエンスの製品開発力は高く評価されています。こちらの製品であれば積極的に導入したいというメーカーは世界中にたくさんいるのです。これからも大きな期待に応えていくでしょう。

海外拠点を重視しているキーエンス

キーエンスは海外拠点を重視しています。海外に積極的に進出して現地の製造業を助けようとしているのです。そうすることによって、これまでに大きな成果を上げてきました。海外のいろいろな地域に製造業が存在しています。どの国や地域においても産業のメインとして製造業は活躍しているのです。そんな製造業を根底から支えるための機器を提供しているのがキーエンスです。こちらの製品のおかげで助けられているメーカーは世界にたくさん存在しています。大きな力となっているのです。

たとえば、北米や南米においてキーエンスは力を発揮しています。現地に拠点を設置することによって、その日のうちに出荷することも可能です。現地の拠点がネットワークを形成しながら現地のメーカーを助けているのです。生産現場においてとても重要な製品を扱っているのです。こちらの製品がなければ生産現場が成立しないというメーカーも存在するほどです。それぐらい大きな存在感を発揮することに成功しています。キーエンスが初めて海外拠点を設置したのがアメリカです。そこでの成果をきっかけとして他の国のメーカーもどんどんこちらの製品に注目するようになりました。そして、今では世界中に拠点が広がっています。

たとえば中国にもキーエンスの拠点がたくさん存在しています。現在、中国はどんどんメーカーが成長しています。製造業の数も増えているのです。それを支えているのがキーエンスの製品です。ファクトリー・オートメーションの需要がとても高い地域のため、多くのメーカーから受け入れられています。

これからも世界で活躍する企業として独自の力を発揮していくでしょう。今後の活躍にとても期待されています。