日本の未来を担う学生のために

2018年の夏に、日本の若者の未来を支援するため、新しい財団が設立しました。それが、「キーエンス財団」です。株式会社キーエンスによってつくられ、財団の所在地は大阪のキーエンス本社内となっています。先端の技術を用いた機器を開発し、世界中で展開しているキーエンスが、なぜキーエンス財団を設立したのでしょうか。

今の日本では、技術革新や急速なグローバル化が進んでいます。グローバルな活動を行うキーエンスでは、世の中は今後、ますます目まぐるしい変化を遂げていくと感じていました。そんな日本の将来を見据え、牽引していくのは誰でしょうか。若い世代なのです。本来ならば若い世代に投資し、日本の未来を担うためにきちんと教育が受けられる環境を提供する必要があります。ですが、日本では経済面の理由により大学進学をあきらめたり、奨学金制度を利用して学校に通っている学生も少なくないというのが現状です。また、日本の奨学金制度というのは大半が貸与型となっており、大学卒業後も返済の厳しさに悩む方が多くいるというのが社会問題にもなりつつあります。海外の奨学金事情を見てみると、実は返済をする必要のない奨学金が多く、日本の教育環境の不十分さを感じます。このような背景からキーエンスは、大学生が安心して学業に専念できる環境をつくりたい、少しでも将来を担う若者の役に立ちたい、と考えたそうです。将来性のある有能な学生に対し、返済の必要がない奨学金制度を実施しようと決意。そして、若い世代を経済的に支援するため「キーエンス財団」を設立しました。夢と希望にあふれる若者たちの大きな支えとなることを目指し、キーエンス財団は取り組みを始めたのです。

早速、キーエンス財団は奨学生の募集要項を公開しています。応募の方法としては、高校や大学からの推薦ではなく、学生本人が財団ホームページより自ら応募することが条件となっています。奨学金の給付期間は大学1年生からの4年間となっており、月額8万円が給付されます。2019年4月大学入学予定者の125名ほどを募集しているとのことです。興味のある方は、キーエンス財団の公式ホームページに詳細が載っているので確認してみてはいかがでしょうか。

あらゆる可能性を秘めた学生たちにとって、大学に通うということは将来の選択肢を大きく広げることになります。たくさんのことを学び、自分のものとする。そして、将来の日本のために活かす…。希望ある若者たちのため、キーエンス財団のような取り組みを行う団体がもっと増えたらいいですね!

給付型奨学金の募集対象

株式会社キーエンスの取締役名誉会長である滝崎武光氏が代表理事を務める「キーエンス財団」。優秀な学生に対して経済的に支援するため奨学金の給付を行い、社会に貢献できる人材を育成することに寄与しています。

キーエンス財団が行っているのは、返済の必要がない「給付型奨学金」の実施です。日本で実施されている奨学金制度は多くが大学卒業後に返済しなければなりませんが、キーエンス財団が実施している「給付型奨学金」は卒業後も返済しなくて良いのです。このように、給付型の奨学金を行っているキーエンス財団は珍しいといえます。同時に、若者がきちんと学べる場の提供をしたいという思いが伝わってきます。ここからは、キーエンス財団の給付型奨学金の募集要項を見てみましょう!

キーエンス財団とは?

大学1年生から4年生までを給付期間としており、総給付額は4年間で384万円(月額8万円)となっています。奨学金を受けるためには、学校からの推薦ではなく、受給希望者ご自身で応募する必要があります。募集対象は、2019年4月に日本国内の4年制大学への入学を予定している新1年生です。2019年4月1日現在で20歳以下であれば文系・理系問わず、すべての学部の方が対象となっています。医、薬、歯、獣医など4年制ではない学部、日本国籍を有していない方、留学生は対象外のようです。キーエンス財団が定める条件をクリアしていればほかの奨学金との併用は可能だといいます。また、大学の授業料減免制度を受けていても応募できるとのことです。一次選考は2019年2月~4月、二次選考は書類と小論文があり、それぞれ4月~5月が応募受付期間となっています。詳しい日付はキーエンス財団のサイトに掲載されていますのでご覧ください。注意点として、キーエンス財団の奨学金は、指定の大学合格を条件に高校在学中にあらかじめ奨学生として採用する制度ではありません。そのため、大学合格前の応募は不可能となっており、入学する大学が決まってからの応募が条件となっています。

奨学金のため、家庭の経済状況も選考の大切な要素となりますが、世帯収入による応募の制限はないとのことです。学業成績、経済的状況、小論文などを基準に、キーエンス財団の選考委員会により選考が行われるといいます。また、奨学金を受給しても大学卒業後の進路に制限はないため、キーエンス財団や特定の企業で働からなければならない、などの条件は一切ないため安心して受給することができます。

奨学金が給付されるまで

キーエンス財団の給付型奨学金について、おわかりいただけたでしょうか?キーエンス財団は、返済する必要のない奨学金を給付している団体です。ここからは、奨学金が給付されるまでのくわしい流れについて説明していきたいと思います。

まず、キーエンス財団の奨学金の給付を希望される方は、キーエンス財団のホームページから応募する必要があります。募集受付期間中に、「奨学金に応募する」から必要事項を入力してご応募ください。募集受付期間前には、お知らせメールの登録をすることが可能なので、忘れずに応募したい方はメールアドレスを登録しておくといいかもしれません。募集開始時期になったら通知が来るようです。次に、一次選考です。一次選考の結果はメールで届くといいます。期間内に必ずメールをご確認ください。合否を確認し、一次選考に合格した方は二次選考に進むことができます。キーエンス財団ホームページの「マイページ」にログインして必要事項を入力し、証明書類などをそろえてキーエンス財団宛てに郵送します。二次選考の受付期間は、一次選考の合否発表から約1か月となっていますので、早めに送っておくといいでしょう。二次選考の合否についても一次選考と同じくメールで通知されるので、忘れずに確認しましょう。選考は二次までなので、二次選考合格者=採用となります。合格者はキーエンス財団ホームページの「マイページ」にログインし、本人名義の奨学金の振込口座を登録します。そしてマイページから確認書を印刷し、本人と保護者などが署名したものをキーエンス財団宛てに郵送します。

奨学金は、7月25日までに5か月分(4~8月)が給付されるそうです。それ以降の奨学金については、毎月25日までに翌月分が給付されるといいます。また、2年生、3年生、4年生の4月には新たに書類を提出する必要があります。キーエンス財団の「マイページ」にログインし、「所定のレポート」を提出。そして年次が記載された成績証明書と在学証明書をキーエンス財団宛てに郵送してください。以上が、キーエンス財団の奨学金給付までの流れとなります。

まずは、一次選考の募集受付期間に忘れずに応募するところから始まります。直前になって慌てて準備しなくてもいいように、余裕をもって準備は整えておきましょう。自分が応募条件に当てはまっているかも重要な確認事項なので、きちんと隅々までホームページを見て確認しておくことをおすすめします。

選考や採用後について

キーエンス財団の奨学金給付に関する流れは把握していただけたでしょうか?キーエンス財団の奨学生に採用されるためには、まず募集期間中に一次選考に応募することから始まります。忘れずにホームページから応募しましょう。必ず本人が応募する必要があり、高校や保護者からの応募はできないので注意してください!

では、選考や採用後に関するさらに詳しい情報を見ていきましょう!選考方法は一次選考・二次選考のみで、原則面接はないようですが、キーエンス財団が必要とみなした場合は面接も実施されることがあるようです。選考はキーエンス財団の選考委員により公正公平に行われ、最終的に理事会で奨学生が決定するようです。採点の基準や結果については公開されないとのことです。

選考に合格し奨学生となった場合、行わなければならないことがあります。それは、キーエンス財団が定めたレポートと直近の成績証明書及び在学証明書の提出です。もし奨学生になることが決まっても、休学や停学、退学、進級できなかった場合などは届け出る必要があります。また、大学を休学して留学する際の奨学金は打ち切りとなります。所属大学で単位認定される交換留学生制度であれば、続けて給付されるとのことです。受給中に同じ大学内で転部したり、ほかの大学へ編入・転入することになった場合は、再審査したうえで給付の継続が決まります。傷病による休学の場合は、診断書の内容と事情を考慮したうえで判断されます。成績が下がった場合の給付金継続についてですが、成績が下がっただけでは減額・停止はありません。ですが、改善されなかった場合は奨学金給付の停止や資格喪失の検討をされることもあるようなので、学業はきちんと行いましょう。

また、日本学生支援機構(JASSO)の貸与型奨学金採用が決まっている状態でキーエンス財団の奨学生に採用された場合ですが、JASSOの貸与型奨学金は月額の変更や途中辞退が可能となっています。もしこのような事態が起きた場合は、JASSOのホームページを確認するといいでしょう。

キーエンス財団は公式ホームページ以外にもTwitterを更新しており、Twitterでも最新の情報を得ることができます。奨学生の募集要項や、奨学金に関するニュースや知識などもつぶやかれているようです。Twitterはホームページよりも気軽にチェックできるので、こまめに見ておくといいかもしれません。Twitterに登録されている方はアカウントをフォローしておくと、更新されるたびに情報が流れてくるので便利ですよ!

財団を設立した会社

キーエンス財団は、日本の若者の未来を支援するために、今年6月にとある企業によって設立された財団です。まだ設立されて間もないキーエンス財団ですが、返済不要の「給付型奨学金」を実施し、奨学生を募集するなど積極的に活動に取り組んでいます。ここでは、そんなキーエンス財団を作った企業について掘り下げていきたいと思います。

キーエンス財団を設立したのが、大阪に本社を構える株式会社キーエンスです。センサやマイクロスコープ、タッチパネル、画像処理機器、計測器、変位計などの開発・製造を行っています。世界45か国・200拠点にて事業を展開しているため、ご存知の方も多いかもしれません。これだけ大規模で活躍できるということは、それほど優れた技術を持っているということでもあります。実際にキーエンスでは先端の技術を取り入れた新製品を続々と発表しているのです。

あらゆる材質やワークを超高精度測定するために開発されたのが「マルチカラーレーザ同軸変位計」です。超小型・同軸ヘッドにより、これまでは難しかった狭い場所にも設置が可能となりました。内部に使われている部品はレンズのみなため、発熱や電気ノイズの影響を受けることもないのです。マルチカラー共焦点方式を採用しているため、死角レス。光沢面でも問題なく使用でき、ワークの形状を問わず測定することができます。

また、「静電気監視型 除電ブロア SJ-Lシリーズ」では、独自のテクノロジを活かし、高速除電をいままでにない超小型で実現しました。手のひらサイズなため場所を選ばず取り付けることができ、これまでに設置できなかった狭い場所へも除電器の取り付けが可能です。対象物の帯電状況については、光で知らせてくれるようになっています。除電が正しく完了したかについてはどの角度からでも見ることができ、静電気が原因となるトラブル軽減や、立ち上げ時の動作確認も容易にできるのです。

このように、キーエンス財団を設立した株式会社キーエンスは高度な技術を使った便利な機器を続々と開発し、世に送り出しています。今年6月設立したばかりのキーエンス財団は、現在、返済する必要がない奨学金による若者の支援活動を始めたばかりです。奨学生の募集を開始するなど取り組みを始めたところですが、今後は株式会社キーエンスのように活動規模をさらにを広げていくのではないでしょうか。キーエンス財団の取り組みに、今後も注目していきたいと思います。

キーエンスの沿革について

キーエンスは兵庫県尼崎市に1974年に設立されました。当時はリード電機株式会社という名称でした。そのあとに1981年になると大阪府の吹田市に移転しました。そして、1984年には大阪府の高槻市に本社が移転されました。そして、キーエンスにとって重要なこととして、1985年にはアメリカの現地法人が設立されました。こちらは現在、キーエンスエンジニアリング株式会社となっています。アメリカに現地法人が設立されたことによって、世界へどんどん進出していくようになりました。現地に拠点があることによって、現地のメーカーときめ細かな対応ができるようになり評価されたのです。

現在の社名であるキーエンスに変更されたのは1986年のことです。そして1990年には東京・大阪証券取引所市場第一部上場されました。この年には大阪府の高槻市に生産管理センターが設立されました。さらにドイツの現地法人も誕生しました。1992年には滋賀県の大津市に研修センターが設置されました。1994年になると大阪市に本社と研究所が竣工されました。

2001年には東京都港区に研究所が開設されました。さらに中国の現地法人が設立されました。これから中国がどんどん成長していくことを見越して現地法人が誕生したのです。その予測が見事に当たり、今では中国は世界の工場としてたくさんのメーカーが存在するようになりました。そんな中国のメーカーを支えているのがキーエンスです。

キーエンスは21世紀になってもどんどん積極的に世界に拠点を設置するようになりました。2011年にはインドとブラジルに拠点が設置されて、2013年にはインドネシア、2014年にはベトナム、2016年にはフィリピンに拠点を設置しています。これからもキーエンスはどんどん世界中に拠点を広げていくでしょう。

キーエンスは海外で活動している

キーエンスは積極的に海外に拠点を増やしています。モノづくりの市場においてとてもニーズのある製品をどんどん展開してきたのがこちらの企業の特徴です。キーエンスの素晴らしい製品は海外でも高く評価されています。メーカーで必要とされる製品というのはどんな国でも共通しているものです。そんな普遍的な価値のある製品を展開してきたからこそ、キーエンスの製品は海外の市場でも通用しています。海外にはこれからどんどん発展していくと期待されている地域がたくさんあります。そのような地域において、こちらの製品はとても注目されています。
また、2018年には返済不要の奨学金を提供するキーエンス財団を設立したようです。

キーエンス財団の場所はこちら

キーエンスは、海外では北米・南米に拠点を設置しています。こちらでは30ヶ所以上もの拠点を有しています。現地に物流センターを設置しており、そこから当日出荷することができるのです。シカゴにはアメリカにおけるキーエンスの本社があり、そちらを中心として北米や南米において主要拠点のネットワークを確立することに成功しています。これによって現地の製造業の顧客をしっかりとサポートすることに成功しています。カナダやブラジル、メキシコにも拠点があります。自動車産業を中心として製造業の顧客がたくさんいるのです。

ヨーロッパやアフリカにおいても同社の拠点はあります。現在、EUの市場はどんどん拡大しており、こちらには日本企業の進出も増えています。それぞれの国においてキーエンスが展開しており、現地の製造業をサポートしています。現地に拠点があるために顧客と密接に関わることに成功しているのです。国ごとに言語や法規制などが異なっているため、それぞれの国に実際にキーエンスが拠点を設置することによって、きめ細かいサービスを可能にしています。

キーエンスは海外拠点が多数

キーエンスは海外に拠点をたくさん持っています。たとえばヨーロッパ・アフリカです。こちらは特にEU市場がどんどん拡大していることに注目して、現地のそれぞれの国に拠点を設置しているのです。現地の人達と密にコミュニケーションをとることが可能であり、これによって現地の習慣や法規制などにも対応することが可能です。東欧諸国へも拠点を設置しています。それぞれの国においてきめ細かなサービスを展開することに成功しています。

中国においても拠点はたくさん設置されています。世界の工場と評されることの多い中国には、たくさんの製造業があります。現地の製造業はどんどんファクトリー・オートメーション化が進んでいます。そのため、キーエンスの製品はとても需要があるのです。こちらにおいてキーエンスは現地の製造業をバックアップしています。さらなる発展を遂げることを助けているのです。たとえばキーエンスの製品を活用することによって、ラインの自動化を実現することができます。他にもさまざまなニーズに応えるために製品展開をしています。

ほかにも、アジア・中東・オセアニアといった地域においてもキーエンスの製品は注目されています。現地の製造業はどんどんハイテク化や高付加価値化が進んでいます。技術革新を進めているそれぞれの地域の製造業を助けるために活躍しているのです。先進的なモノづくりをしっかりとバックアップするためにキーエンスは製品を用意しています。

このようにしてキーエンスの製品はそれぞれの国や地域に受け入れられています。これからも新しい拠点を海外にどんどん増やしていくでしょう。より多くの国の製造業を顧客として確保しようと努力しています。

キーエンスは海外での活動を本格化

キーエンスは海外でも活躍していて高く評価されている企業です。これまでにキーエンスはファクトリー・オートメーションの分野において大きな成果を上げることに成功してきました。多くの製造業がキーエンスの製品を利用して満足しているのです。製造業で今どのような製品が必要とされているのかをきちんと理解しています。需要にきちんと応えることができるだけの製品ラインナップを揃えています。そのため世界の市場に出ても問題なく安定した売上を記録することができるのです。

たとえば海外のなかでもアジアにおいてどんどん拠点を増やしています。中国や韓国をはじめとして、タイやベトナム、フィリピンといった地域にも拠点を設置しています。アジアではどんどん製造業が伸びているのです。そのためメーカーはキーエンスの製品を使いたいと考えています。とても需要が高い状態となっているため、モノづくりをバックアップするためにどんどんアジアの拠点を重視しています。現地ではどんどん技術革新が進められています。新しい技術が誕生して、現地の産業を盛り上げているのです。それに対してキーエンスはできる限りの貢献をしています。

また、アジアだけではなくて、ヨーロッパやアメリカ、アフリカといった地域においてもこちらの製品は高い需要があります。これらの地域にも当然製造業はたくさん存在しているのです。現地に拠点を設置することによって、きめ細かい対応を取ることに成功しています。今後もどんどん発展していくでしょう。キーエンスの製品開発力は高く評価されています。こちらの製品であれば積極的に導入したいというメーカーは世界中にたくさんいるのです。これからも大きな期待に応えていくでしょう。

海外拠点を重視しているキーエンス

キーエンスは海外拠点を重視しています。海外に積極的に進出して現地の製造業を助けようとしているのです。そうすることによって、これまでに大きな成果を上げてきました。海外のいろいろな地域に製造業が存在しています。どの国や地域においても産業のメインとして製造業は活躍しているのです。そんな製造業を根底から支えるための機器を提供しているのがキーエンスです。こちらの製品のおかげで助けられているメーカーは世界にたくさん存在しています。大きな力となっているのです。

たとえば、北米や南米においてキーエンスは力を発揮しています。現地に拠点を設置することによって、その日のうちに出荷することも可能です。現地の拠点がネットワークを形成しながら現地のメーカーを助けているのです。生産現場においてとても重要な製品を扱っているのです。こちらの製品がなければ生産現場が成立しないというメーカーも存在するほどです。それぐらい大きな存在感を発揮することに成功しています。キーエンスが初めて海外拠点を設置したのがアメリカです。そこでの成果をきっかけとして他の国のメーカーもどんどんこちらの製品に注目するようになりました。そして、今では世界中に拠点が広がっています。

たとえば中国にもキーエンスの拠点がたくさん存在しています。現在、中国はどんどんメーカーが成長しています。製造業の数も増えているのです。それを支えているのがキーエンスの製品です。ファクトリー・オートメーションの需要がとても高い地域のため、多くのメーカーから受け入れられています。

これからも世界で活躍する企業として独自の力を発揮していくでしょう。今後の活躍にとても期待されています。

キーエンスの会社情報や製品の強みなどについて調べています。また同社が設立したキーエンス財団についても書いています。